ページの先頭です

再生可能エネルギーの出力抑制の評価サービス サービスの流れ

本サービスは、(1)事業者シナリオの設定、当社標準シナリオの設定、(2)シミュレーションの実施、(3)レポートの作成と質疑対応、の流れで行われ、期間は全体で1~2カ月程度です。(1)事業者シナリオの設定では、出力抑制へのインパクトが大きいと考えられる、原子力再稼動の見通し、再生可能エネルギーの導入拡大の見通し、地域間連系線の増強の見通しが主な論点になります。

図1

アウトプットイメージ

出力抑制のイメージ

需要と供給のシナリオに基づいて1時間ごとに電力需給のギャップを計算し、各電源の出力の一部を抑制したシミュレーションを行います。年間で8760時間、20年間分を基本に最長2050年度まで計算可能です。現行制度では、日中は太陽光、夜間は風力が中心で、バイオマスは昼夜を問わない抑制の可能性があります。

図2

出力抑制率のイメージ

本サービスでは、出力抑制率を「本来発電できるはずの電力量に対する制御によって損なわれた電力量」で定義し、事業開始から終了まで、1時間ごとに計算することができます。また、出力抑制率を各年の月毎に評価することが可能です。

図3
図4

ページの先頭へ