ページの先頭です

その他再生可能エネルギーに関するコンサルティング・リサーチ 最近の主要実績

再エネ電力の中長期的調達に関する調査および企画提案

左右スクロールで表全体を閲覧できます

(お客さま) 民間企業
(概要) 国内外の企業再エネ由来電力の調達動向・再エネ政策動向を踏まえ、今後、我が国で企業が再エネ由来の電力を調達するための手法を整理すると共に、実際の調達戦略に関する助言等を行いました。

再生可能エネルギーに対する主要な国際NGOの見解調査

左右スクロールで表全体を閲覧できます

(お客さま) 民間企業
(概要) 今後、企業が再生可能エネルギー由来の電力を調達する上で留意すべき評判リスクを検討するために、再生可能エネルギー電源種類ごとに主要な国際NGO(8団体)の見解に関する調査を行いました。

送電網整備における再生可能エネルギー導入手続きに関する業務

左右スクロールで表全体を閲覧できます

(お客さま) 民間企業
(概要) 再生可能エネルギーの導入にあたって必要となる送電会社への契約・申し込みに関する手続き等を整理しました。主として太陽光発電、風力発電事業者に対して説明会を開催し、系統連系に関連する手続きが円滑に進むよう支援しました。

再生可能エネルギー固定価格買取制度における賦課金単価算定の精緻化に向けた分析等調査

左右スクロールで表全体を閲覧できます

(お客さま) 経済産業省
(概要) 再生可能エネルギーの発電事業者に対するヒアリング等の分析を行うことにより、国民負担に相当する賦課金の算定方法の精緻化を行いました。また将来の再生可能エネルギーの導入見通し、コスト見通し、導入拡大に向けて生じる課題(地理的制約・系統制約・国民負担等)について調査・分析を行いました。

地熱発電の推進に関する調査業務

左右スクロールで表全体を閲覧できます

(お客さま) 経済産業省
(概要) 2030年のエネルギーミックスにおいては地熱発電の設備容量を現状の約3倍とすることが目標とされています。本業務では、地熱発電の効率的かつ適正な開発に向けた諸制度の在り方について検討する「地熱発電の推進に関する研究会」事務局の運営と、諸外国の地熱資源開発のルール等の調査を行いました。

福島再生可能エネルギー導入促進調査

左右スクロールで表全体を閲覧できます

(お客さま) 経済産業省
(概要) 経済産業省が福島復興として進めている新エネ社会構想の柱の1つである再生可能エネルギーに特化した送電網の整備にむけ、福島県沿岸部で計画している発電事業について情報収集を行い、2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでの実現を目指すべく、送電網の規模やルート、送電事業実施主体要件等の基礎的な検討を行いました。
ページの先頭へ