ページの先頭です

水素・燃料電池に関するコンサルティング・リサーチ 概要

燃料電池・水素利用技術は省エネ、大気汚染物質・CO2排出削減、エネルギーセキュリティ等に資する技術であり、燃料電池自動車や家庭用燃料電池としての利用が進められています。弊社では、官公庁での多くの調査実績を生かしたコンサルティングや技術動向調査、社会調査等を実施しています。

政策分析(費用便益分析、費用対効果分析)

水素・燃料電池は世界各国で将来の導入が検討されています。弊社では、各国の政策を把握するとともに、費用便益分析などによる政策評価を行っています。

水素利用システム分析

水素・燃料電池はエネルギーを高効率に利用する技術であり、その環境性能の高さから将来の低炭素社会実現に貢献すると考えられていますが、コスト面で大きな課題があります。弊社では、化石燃料や再生可能エネルギー等からの水素製造を出発点として、様々な輸送・貯蔵・方法の組み合わせによるシステムの検討を行い、水素供給コスト算出による経済性評価等分析やLCAによる環境負荷試算を実施しています。

技術動向調査

水素・燃料電池は企業や大学、研究機関等によりさまざまな研究が行われています。弊社では、最新の技術動向や特許出願状況に関する調査を実施しています。

水素・燃料電池に関する社会受容性の検討

水素や燃料電池・水素利用技術を社会に普及していくには、技術そのものに対する社会の認知度や、技術の便益の理解や、リスクとして認識される対象は何なのかを具体的に確認することで技術の適用可能性を評価することが必要とされます。また、社会合意の方向性と照らしつつ、企業がなすべき事、なさざる事を具体的に確認することで中期的なリレーションシップ戦術を規定することが可能となります。

環境エネルギー第1部、環境エネルギー第2部03-5281-5282

ページの先頭へ