ページの先頭です

お客さまによるLCA・CO2排出量「見える化」実施に関するトータル支援サービス DB構築

データベース構築支援(例)

お客さま社内でのLCAデータベースの構築を支援します。データベースは、欧州LCA普及団体SPOLDや社団法人産業環境管理協会が推進する国家プロジェクト「製品等ライフサイクル環境影響評価技術開発(通称LCAプロジェクト)」で開発中のデータベースフォーマットに準拠した形式で構築します。また、環境会計を意識したコスト情報とも連携できる仕組みにします。

LCAデータベースシステム構築例

LCAデータベースシステム構築例

拡大図

お問い合わせ

担当:環境エネルギー第1部、環境エネルギー第2部
電話:03-5281-5282

関連情報

おすすめソリューション

お客さまの扱う商品・サービスのライフサイクルでのCO2排出量などを、LCA手法により定量的に評価しています。

製品環境評価ツール「LCA-Passport」は、特に部品組立メーカーの設計担当者を対象としたMicrosoft Excel上で動作する簡易LCAツールです。

お客さまの技術開発における環境合理性の評価においてLCAの適用を提案しています。

環境対策や環境推進から「環境経営」へのステップアップ・強化を支援しています。

環境エネルギー第1部、環境エネルギー第2部03-5281-5282

ページの先頭へ