ページの先頭です

デジタルビジネスコンサルティング 概要

先端技術を活用した、これまでにない新しい製品・サービスやビジネスモデルを意味するキーワードとして「デジタルビジネス」が注目されています。“SMAC”と呼ばれるSNSやモバイル、ビッグデータ(データサイエンス/アナリティクス)、クラウドなどの利活用が普及するにつれて、これらの比較的新しい技術の普及を前提とする、これまでには実現できなかったビジネスの可能性が大きく広がりつつあります。

最近では、このような「デジタルビジネス」の実現の際に鍵となる概念や技術として、IoT(モノのインターネット:Internet of Things)AI(人工知能:Artificial Intelligence)に対する期待が高まっているほか、それらの活用に関する重要なテーマとして、自動運転技術、セキュリティ、イノベーションなども注目を集めています。

IoTとは、今後、PCやスマートフォンだけでなく、あらゆる”モノ”がインターネットにつながることで、新しい世界が開けるのではないかと注目されている概念です。あらゆる”モノ”がインターネットにつながることにより、これまで以上に多様なデータが収集・蓄積されるだけでなく、そのデータの分析・活用を通じて、これまでにない新しい価値を持った製品・サービスが生み出されることが強く期待されています。新たな価値を創出する革新的なビジネスの登場により、今後、産業やビジネスが大規模かつ急速に変化することも予想され、そのインパクトの大きさは「第4次産業革命」と呼ばれることもあります。

「第4次産業革命」が進行しつつある昨今、デジタルビジネスは着実に普及し、先端技術を取り入れた新しい製品やサービス、技術などが続々と登場しています。今後の産業や市場を塗り替える可能性を秘めたデジタルビジネスへの対応は、どのような産業・企業・組織にとっても、もはや必須の課題になりつつあるといえます。

サービスの特長

デジタルビジネスに関する当社サービスの特長は、以下のとおりです。

  1. (1)デジタルビジネスに関する先端技術は日進月歩で激しく変化・進展しています。弊社では、公的機関からの受託調査研究や各種検討会のモニタリング、主要プレーヤー(ベンダー等)との継続的な情報交換のほか、みずほグループにおける幅広いネットワーク等を通じて、常にデジタルビジネスに関する最新の動向を把握しています。
  2. (2)ユーザー視点のほか、サプライヤー/ベンダー視点も踏まえて、第三者的立場から、お客さまにとって真に必要な先端技術の活用やデジタルビジネスの創出について、客観的なリサーチや検討を行うことが可能です。
  3. (3)先端技術に関する豊富な知見を持つ弊社の専門家によって、チャレンジングな課題に取り組み、お客さまの競争優位の確立を支援することが可能です。
  4. (4)デジタルビジネスに関する先端技術を活かした新しい事業の創造に向けて、オープン・イノベーションの実現を支援します。新規事業を立ち上げるにあたり、アイデアソンやハッカソンなどのファシリテーションのほか、ビジネスモデルの検討、知財戦略・オープン&クローズ戦略の立案・推進、ベンチャー・エコシステム構築の支援など、シード段階から事業戦略~事業の試行~協業・提携支援に至るまで、一連の取り組みを支援することが可能です。
  5. (5)政府・公的機関からの実証実験受託の経験を活かして、導入を予定するデジタルビジネスの有用性などを評価する試行プロジェクトの運営を支援することが可能です。
  6. (6)デジタルビジネスを支える基盤について、技術的側面とともに、サービス開始後の運用を見据えた適切な技術の選択を支援することが可能です。

サービスメニュー

当社のデジタルビジネスに関するコンサルティングのプロセスは以下のとおりです。なお、以下は標準的なプロセスですが、お客さまのご要望に応じて、全てのプロセスを一貫して支援することも、ニーズに合わせた形で部分的に支援することも可能です。

サービスメニュー

拡大図

ページの先頭へ