ページの先頭です

データマネジメント支援コンサルティング 概要

利活用可能なデータを作るための仕組み作り(データマネジメント)を支援します。

「データマネジメント」の重要性

世の中ではIoTやソーシャルデータ等によりデータが多様化し、「さまざまなデータをうまく利活用したい」という機運が高まっています。一般ユーザでも簡単に利用できる分析ツールの活用事例や、蓄積したデータをAIが分析するといった事例も増えています。

一方で、分析ツール等が真の効果を発揮するためには、“利活用可能なデータ”を維持し、改善するための「データマネジメント」が欠かせません。「データマネジメント」を通じて、単なるデータを、意味のあるきれいなデータ(品質が高いデータ)に整える必要があります。

データにまつわるさまざまな課題

現在多くの組織では、分析ツール等を導入しデータを利活用しようとしても以下のような課題を抱えており、たとえばデータが汚い(品質が低いデータ)ため使えないことが大きな問題となっています。

<課題の例>

  • 同じようなデータが色々なところに散在し、正しいデータが不明確
  • 間違えた(活用できない)データが多数登録されている
  • データの意味、定義が不統一
  • データ管理に関する責任、役割分担があいまい
  • そもそもデータ活用の目的があいまい
ページの先頭へ