ページの先頭です

情報システムの管理コスト評価 概要

情報システムの管理コストを、業務の重要度=業務の視点と、システム運用・保守の管理レベル=システム管理の視点によって分類し、各システムの管理レベルを分析評価します。

増大する情報システムの管理コストの最適化に向けて

情報システムの管理コストの増大について、多くの企業が、以下のような課題を認識しています。

  • 今後の様々な経営課題に対して、迅速かつ適切に対処するため、情報システムの管理コストを最適化し、必要な新規投資等への経営資源の配分を高めたいと考えている。
  • 情報システム部門では、上記の考えに基づき、既に保守費用の削減等を推進しているが、専門的な領域のため、経営部門との間にコミュニケーションギャップがあり、相互に理解が得られにくい。管理コストに関する共通の観点をもとにコミュニケーションを円滑化したい。
  • 管理・利用している基幹系システム、情報系システム、部門サブシステム等、多数におよぶ情報システムを評価対象として、それらの管理コスト(運用および保守コスト)の妥当性について、第三者を用いた客観的な評価を行い、現状を認識する必要があると考えている。

みずほ情報総研では、情報システムの管理コストを経営部門と情報システム部門共通の認識により最適化するための評価フレームを提供します。

関連情報

おすすめソリューション

「企業合併や事業統合に伴う情報システムの統廃合」、「企業グループ全体としてのシステム基盤の整備」、「主要システムの再構築」等、情報システムの中期的な整備計画の策定を支援します。

情報システムを、経営やビジネスに役立つものとするため、お客様の戦略/業務/人的資源と情報システムを整合性の観点から、またお客様の問題意識や情報システムの現状を踏まえ、目的に見合った評価を行います。

ページの先頭へ