ページの先頭です

PC作業を効率化するRPAツール「LuPa™」 概要

図表1

LuPaで業務効率化

LuPa(ルーパ)は、定型業務を自動化するRPAツール。
PCの画面上で行う作業であれば、メール、インターネットブラウザ、業務システム、計算ソフトなど 複数のアプリケーションをまたがり操作することができます。

図表2

LuPaで効率化できる業務

図表3

日常業務の中の「繰り返し業務」「膨大な作業」「人的ミス(ヒューマンエラー)の多い作業」を、シナリオ(操作手順)を作成するだけでLuPaに任せることができます。属人化していた業務も、担当者が不在で停止してしまうことがなくなります。

LuPaの強みは「煩わしさの解消」

1 一画面で完結するシナリオ作成

サブ画面を開いたり画面の往復…といった煩わしさをなくし、シンプルな1画面に。
設定時のテスト操作で無駄な時間を省きます。

図表4

2 インストール不要でその日から利用開始

図表6

LuPaはインストールが不要なソフトウェアです。
このため、インストールして、起動、メンテナンス、管理、…といった手間を省くと同時にPC・サーバ上の他ソフトウェアに影響を与えないかどうか確認する必要がありません。

3 将来、煩雑化しないためのサービスメニューもご用意

RPAツール導入は、ルール作りが重要なポイントになります。
RPAシナリオを各社員が自由に作成していると、将来利用目的や管理者が不明となり、業務フローやシステムの更改のタイミングで、変更や削除の判断が出来ずにそのまま積み上がっていくケースがあります。
みずほ情報総研では、将来のトラブル防止も見据え、RPAツールの販売だけでなく、導入のトータルサポートを行なっており、統制に必要なガイドラインやテンプレートの提供、開発支援や研修などさまざまなメニューをご用意しています。

図表6

LuPaが自動化できること

図表7

LuPaでは、例えばこんな業務ができます

※画像はイメージです

できること例1 月々の交通費精算

1 表計算ソフトとWeb情報を照合

図表8

表計算ソフトでリスト化している交通費を、インターネットの交通費検索サイトで確認して入力。

2 交通費のリストを経費精算システムに転記

図表9

自社の経費精算システムに、リスト化されている交通費の情報を入力して申請。

できること例2 販売管理情報の入力事務

1 メール添付ファイルの中身をシステム登録

図表10

取引先からメールで送られてくる販売情報の添付ファイルを開き、内容を自社の販売管理システムに転記して登録。

2 メール報告

図表11

登録作業が完了したら、担当者全員にメールで報告。

シナリオ作成のイメージ

プログラミング経験がなくても基本操作でシナリオを作成することができます。

1 自動化したい操作の画面を取り込み

自動化したい画面の上でボタンを押して、LuPaへ取り込みます。

図表12

2 どのような操作をするかを登録

LuPaで、画面のどこでどのような操作をするかを設定します。

図表13

3 ロボットの動きを確認

1~2を操作の数だけ繰り返し、実行ボタンを押すと、LuPaが作業を開始します。
動きを確認したら、完成!

図表14

資料請求・お問い合わせ

図表15

資料請求、デモンストレーションをご希望の方は、Webサイトフォーム、または電話にてご連絡ください。

電話

RPA関連ソリューションのご案内

図表18


  • *LuPaはみずほ情報総研株式会社の商標です。
ページの先頭へ