ページの先頭です

ITマネジメント導入支援サービス 概要

ITを企業競争力に結びつけるために必要なマネジメント力を方法論・仕組み・ツールの観点から総合的にサポートします。特にノウハウをソフトウェア化したツールにより円滑なITマネジメントの導入を可能とします。

背景

「ITを企業競争力に直結させるためには、導入するITよりもそれを使いこなす能力のほうが重要である」という主張は古くからなされてきました。しかしながら、多くの企業においては、導入したITの利用促進のために「ユーザビリティの向上」や「不足機能の強化」などの特定のユーザや部門のニーズへの対応によりITの活用度合いを高めようとしてきました。

しかしながら近年の調査によると、ITを使いこなす能力とは、「組織としての全体最適化を見据えたIT導入計画の構築・実践・モニタリングといったマネジメント力」にあることがわかってきています。言い換えれば、ITを企業競争力に直結させるためには、IT部門を中心にITの導入に関する全工程において全体最適化の観点からマネジメントを行うための仕組み・体制作りが必要です。

サービスの特徴

適切なマネジメントを実践するためには、「マネジメントの方法論」・「方法論を実行するための体制・ルール・プロセス」・「プロセスを効率的・効果的に運営するためのツール」を準備することが必要とされます。当社のコンサルティングサービスは、これらの3要素をトータルで提供することを特徴としています。

「マネジメント方法論」については、国内のこうした問題に取り組む団体と情報交換を行うことはもとより、様々な企業のCIOとのディスカッションを通じ、知見を培ってまいりました。また、過去のコンサルティングプロジェクトより、各企業の特性(ITに関する意思決定権限の分散度合い・IT部門に期待される役割範囲・IT系子会社の有無など)を踏まえた現実的な体制・プロセス作りを経験してまいりました。

そして、当社では過去のこうしたプロジェクトの最終成果として、ITマネジメントをトータルでサポートするためのソフトウェアの構築に着手し、コンサルティングの成果とともにご提供可能となっています。

お問い合わせ

担当:経営・ITコンサルティング部
電話:03-5281-5430

ページの先頭へ