ページの先頭です

RPAツール オンサイト研修サービス

RPA内製化を目指す企業に実用的な実践研修

研修メニュー

図表1図表2図表3

いずれもお客さまの環境に講師が訪問して実施する「オンサイト研修」です。

図表4

オンサイト研修のメリット

  • 即効性が高く、実践的
    お客さま所有のPC環境を利用した研修を行なうため、研修の中で開発環境が整い、自社特有の疑問も解消します。
    研修後すぐにそのままの環境で開発を始めることが可能です。
  • コミュニケーションの活性化
    受講した社員同士の連携や支援など、社内でのRPAに関するコミュニケーションが活性化されます。

選べるRPAツール

図表5

「UiPath」「WinActor」2種類のRPAツールで研修をご用意しています。
貴社の環境に合わせてお選びいただけます。

特徴

  • 柔軟な開催日程
    「半日×2日間」or「1日」をお選びいただき、開催日程を組むことができます。
  • 「実業務で使うロボット」の作成(オプションサービス)

研修メニューと価格例

ベーシックな研修メニューの例です。カスタマイズや拡張もご相談ください。

例1|開発者向けRPA研修

左右スクロールで表全体を閲覧できます

所要時間 午後半日(4時間)×2日間
価格 500,000円
対象者 RPAツールを活用しロボットを開発する社員
受講者数 8~14名、7名追加ごとにアシスタント1名増員(別途費用)
オプション 社内システムでの運用を前提とした演習へのカスタマイズ 300,000円~
カリキュラム 1日目
講義 RPAツールの機能
・画面構成
・主要機能 ほか
演習 サンプルロボットの作成
・オブジェクト認識
・キーボード操作
・画像認識
・Excel®の読込と変数
2日目
演習 サンプルロボットの作成
・繰り返し・分岐処理
講義 ロボット作成時のノウハウ・ポイント

例2|管理者向けRPA研修

左右スクロールで表全体を閲覧できます

所要時間 1時間
価格 150,000円
対象者 RPA化を推進する部署、RPA適用業務を検討する部署の管理者
受講者数 制限なし
カリキュラム RPAツールの機能
「なぜ今RPAなのか?RPAで何ができる?」
適用事例紹介
「実際の導入事例の紹介」
ロボットの作り方
「どのように作るか?開発者向け研修を一部紹介」
ロボットの管理・統制
「効率化だけじゃない!管理・統制の必要性」
ロボット運用時の注意点
「ロボット稼動を開始する前に確認しておく事」

例3|オンサイトQAサポート

RPAコンサルタントが、RPAツールのソフトウェアロボット開発を行なう現場で技術・開発支援を行ないます。QA、サンプル作成のほか、RPA連携用のマクロやドキュメント作成など、RPAに関連する幅広い業務をお手伝いします。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

期間 半日(4時間)× 週1回 × 8回 + 持ち帰り対応1日
コンサルタント2名で対応
価格 1,000,000円
対象者 RPAを実際に開発する方
サポート内容 ・ロボット作成に関するQ&A対応および技術支援

資料請求・お問い合わせ

図表6

電話

RPA関連ソリューションのご案内

図表9

図表10


  • *WinActorは、日本国内におけるNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。
  • *UiPathは、UiPath株式会社の登録商標です。
  • *Microsoft、Microsoft Excelは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
ページの先頭へ