ページの先頭です

間接業務のシェアード・サービス推進支援コンサルティング サービスメニュー

ABC手法による高コスト要因の分析

ABC手法を用い、業務別の活動原価を調査して高コスト要因を分析します。簡易な手法を使うことで職員の作業負担を抑えることができます。

図1

間接業務におけるBPRのポイント(例)

間接業務のBPRに取り組むための「基本方針」を策定するにあたって、次のようなBPRポイントおよび実施例が想定されます。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

BPRポイントと実施例
BPRポイント 実施例
統合・廃止 現金取扱いの廃止/様式ダウンロードによる配布の廃止/
データ一元化による実態調査の廃止
確実化・厳密化 月末集計時のデータ修正廃止/記入項目網羅性チェック/
未処理者のアラーム
簡素化・削減 決定関与者の縮小/DB自動照合による目視チェックの縮小/
庶務担当への経由・集約の廃止
集約・集中 掲示板への情報掲載による一斉通知/物品管理の一元化/
報告書自動作成/DB一元管理
分散化・自己責任化 発生源入力/超過勤務・旅費申請の日次処理/
能動的な掲示板情報の確認
連携・同時処理 データ連携によるパンチ業務の廃止/
リアルタイムなDB照合による予算消費率の確認実現
効率化・自動化 集配の廃止(電子データの自動進達)/各種書類の自動生成/
入力支援(選択入力自動入力)
汎用化・標準化・
パターン化
汎用入力画面の利用/職員認証基盤の利用/
電子決裁基盤の利用

BPR前後のコスト削減効果の比較分析

業務別の活動原価の分析結果を受けて、BPR実施モデルを適用した後のコスト削減効果を算出することができます。

BPR前後のコスト比較(例)
画面イメージ

BPR実施モデルを適用した新業務フローの定義

類型化したパターンごとにBPR実施モデルを作成し、それを個別の旧業務フローに適用し、新しい業務フローを設計します。

画面イメージ

経営・ITコンサルティング部03-5281-5430

ページの先頭へ