ページの先頭です

間接業務のシェアード・サービス推進支援コンサルティング 概要

グループ経営における全体最適の観点から、顧客サービスに結びつかない間接業務(ノンコア業務)を抜本的に見直し、シェアード化によるコスト削減、スリム化を進め、グループ全体のBPRを支援します。

シェアード化によるコスト削減、スリム化を進めるBPRコンサルティング

間接業務の負担削減し、筋肉質な経営への変革を支援

  • グループ経営における全体最適の観点から、顧客サービスに結びつかない間接業務(ノンコア業務)の抜本的見直しが必要です。
  • これまでの総務・庶務など間接的な業務の負担を削減するための手段として、ITの活用は不可避です。
  • さらに、シェアード・サービス・センターとしてのアウトソーシングを進めることにより、各職員は本来業務(コア業務)に専念できるようになります。

精緻な要因分析からBPR実施シナリオを作成

  • 高コスト構造の要因を分析し、間接業務の集中化・アウトソーシングによる効果の評価を行い、BPR実施シナリオを描きます。
  • EA(Enterprise Architecture)を取り入れたBPRの実践と、旧来システムの抜本的な見直しに整合性を持たせ、RFP(Request For Proposal)の元となるシステム計画を策定します。
ページの先頭へ