ページの先頭です

みずほSDGsビジネス・デザイン 概要

背景

近年、企業価値の向上策の1つの観点としてSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)が注目されています。SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2016年から2030年までの国際目標で、17のゴール(目標)および169のターゲットから構成されています。これらの目標は、貧困削減など開発途上国における課題だけでなく、技術革新(イノベーション)、働きがい(経済成長・雇用)など先進国における課題も含んでおり、日本としても積極的に取り組むこととしています。

SDGsには、上記目標以外にも民間企業が果たすべきさまざまな役割が示されており、日本企業にとっても、これら目標に沿った持続可能なビジネス環境づくり(国際的なコンプライアンスに沿った適切な採用、適正なサプライチェーンを通じたオペレーションなど)がますます重要となってきます。また、SDGsを「ビジネス開発目標」と捉え、新規市場開拓や事業成長の機会創出(SDGsの目標に寄与する製品やサービスの開発、自社の特色を活かしたSDGsソリューションの提供など)を目指す企業が増えています。

みずほ情報総研では、日本企業が、開発途上国などの海外や日本国内において、SDGsに寄与するイノベーティブなビジネスや取り組みを創出することにより、企業価値を高めるための支援を行うことを目的とした「みずほSDGsビジネス・デザイン」を立ち上げました。

図1

特長

本サービスでは、これまで当社が培ってきた、発展途上国などの海外における事業展開・拡大に関する知見、ノウハウ、ネットワークを活用し、企業における最適なSDGsビジネスの創出、およびビジネスエコシステム*の形成による当該ビジネスの発展を支援します。

図1


  • *ビジネスエコシステムとは、複数の組織体が連携し、それぞれの技術、サービスを活かし、生物の生態系のように共存共栄する仕組みのこと。本サービスでは、<みずほ>のネットワークを活かし、お客さまの事業のエコシステム創出を実施します。

  • *「みずほSDGsビジネスデザイン」は、株式会社みずほフィナンシャルグループの商標です。
ページの先頭へ