ページの先頭です

情報システム・ネットワーク脆弱性診断サービス 概要

情報システムやネットワークに関する脆弱性診断の必要性、本サービスの特徴、ポイントについてご紹介します。

情報システム・ネットワーク脆弱性診断の必要性

情報システムやネットワークに対する攻撃手法は多様化、巧妙化しており、世界中で日々、新しい攻撃手法やOS・ソフトウェア等の脆弱性に関する情報が発信されています。これらの攻撃手法や脆弱性に関する情報を定期的に収集し必要な対策を行わない場合、情報システム上の脆弱性(情報セキュリティ上の問題点)を外部に露呈することとなり、情報漏洩や不正アクセス等の被害に遭う可能性があります。

したがって、定期的に専門家による情報システムやネットワークの脆弱性診断を受け、脆弱性が見つかった場合は、確実に改善することが大切です。

本サービスでは、さまざまな脅威を想定してお客さまの情報システムやネットワークに関する脆弱性の有無や設定の適切性等について調査・分析し、指摘事項の有無を確認します。さらに、改善をすべき事項がある場合は対応策を示し、改善を促すことにより、お客さまの情報システム・ネットワークにおける情報セキュリティ対策の質的向上を図ります。

  • お客さまのご要望や目的、コスト等を十分考慮し、診断対象や診断項目、実施期間等を確定します。
  • 最新の攻撃手法、脆弱性情報に基づき、診断を行います。
  • 熟練したセキュリティ技術者が、各種診断ツールによる調査に加え、キーボードオペレーション(手作業)により、詳細に診断します。
  • 判明した脆弱性は、リスクや重要度、改善案を整理した上で報告書にまとめ、ご報告します。
  • みずほ情報総研のシステムインテグレータとしてのITシステム構築・運用実績、情報セキュリティコンサルティングより得た豊富なノウハウ、経験を活かし、診断を行います。

お問い合わせ

担当:経営・ITコンサルティング部
電話:03-5281-5430

ページの先頭へ