ページの先頭です

シールドトンネル断面力解析システム Moleman®シリーズ 概要

シールドトンネルの断面力を解析するプログラムです。「村上-小泉法」に基づき横断方向解析版、縦断方向解析版、3次元解析版があります。

みずほリサーチ&テクノロジーズにおいては、村上(早稲田大学 名誉教授)、小泉(早稲田大学 教授)により提案されたM-K法を用いた、シールドトンネル断面力解析システム「Molemaシリーズ」を開発・販売しています。Molemanの特徴としては、以下の図に示すように、シールドトンネルの特徴である、「セグメント継ぎ手」、「リング継ぎ手」、および「千鳥組の添設効果」を考慮することで、従来の慣用法モデル、多ヒンジ系モデル、修正慣用法モデルに比べ、合理的な検討評価を行うことができます。またセグメント継ぎ手の回転ばね定数も村上・小泉の提案する手法により、求めることができます。

Molema

Molemanによる解析モデルの概念図

Molemanによる解析モデルの概念図

回転ばね算出モデル

回転ばね算出モデルの概念図

回転ばね算出モデルの概念図

横断方向解析システム「MolemanVer2」の画面イメージ

横断方向解析システム「MolemanVer2」の画面イメージ

お問い合わせ

担当:サイエンスソリューション部
電話:03-5281-5311

関連情報

おすすめソリューション

国土が狭く自然災害の多い日本において、環境と調和した開発を進めるためには、地下空間の活用が重要な課題となります。みずほリサーチ&テクノロジーズでは、今後ニーズが高まると最適な地下空間設計のサービスをご提供します。

汎用構造解析コードABAQUSを用いた受託解析、シミュレーションサービスを行っています。自動車、機械、電機・電子と幅広い分野でソリューションを提供しています。

ページの先頭へ