ページの先頭です

水系管網計算プログラム u-FLOW®/WN 概要

u-FLOW/WNは上水道設計のための管網解析を行います。管路網内の水頭・流量を計算することにより、経済的な管径を決定し、コストダウンが図れます。数値解法の工夫により、計算が高速でできます。

上水道埋設の設計において、配水管の管路網の計算が必要です。 つまり、管路網内の流速・流量を計算することにより、経済的な管径を決定し、コストダウンが図れます。 ところが、現在のきわめて複雑な地下系上水道管路網を扱うには、複雑な計算を要します。 近年のハードウェアの急速な普及を背景として、パーソナルコンピューターの上でこのような管路網の計算を手軽に行うことを目的として当社が開発したのが、u-FLOW/WNです。

水系管網計算プログラムu-FLOW®/WN

  • 一次元非圧縮性流体の定常解析ができます。
  • 流体機器として、ポンプ、貯水池、給水所が模擬できます。
  • 管路ネットワークの計算ができます。
  • 数値解法の工夫により、高速に計算ができます。
  • 流量やヘッドが、ネットワーク図上に表示できます。
  • 出力図はプロット装置にも出力できます。
  • 最適管径計算ができます。
  • 管路網水撃解析プログラム「u-FLOW/WH」と連携できます。

お問い合わせ

担当:サイエンスソリューション部
電話:03-5281-5311

関連情報

おすすめソリューション

u-FLOW/WHは、水撃現象(ウォータハンマー)の解析を行います。特性曲線法によりポンプ停止やバルブ閉鎖の水撃を計算します。対策としてエアチャンバ、空気弁、サージタンクなどの機器を設定できます。

みずほリサーチ&テクノロジーズでは管路系内の一次元熱流体解析プログラムの開発や、ソフトウェアパッケージの販売を行っています。管路系における液体(水)・ガス流れが、Windows PCで手軽に解析できます。

国土が狭く自然災害の多い日本において、環境と調和した開発を進めるためには、地下空間の活用が重要な課題となります。みずほリサーチ&テクノロジーズでは、今後ニーズが高まると最適な地下空間設計のサービスをご提供します。

ページの先頭へ