ページの先頭です

ダッソー・システムズの次世代共通プラットフォーム

3DEXPERIENCE 概要

3DEXPERIENCEは、CATIAやSIMULIA、DELMIA、ENOVIA等の機能が統合された“共通プラットフォーム”です。データをサーバーで管理することにより、個々の部署や関連各社での情報共有を図り、グローバル設計やサプライチェーンマネージメントを実現します。

次世代R&D環境には、PLMソフトウェアを用いて設計・開発・解析をスムーズにつなぐアプローチが求められており、「シミュレーションの活用」の重要性がますます高まっています。みずほ情報総研では、いち早く、3DEXPERIENCEのシミュレーションアプリケーション(SIMULIA)の導入コンサルティングを開始し、業務で蓄積した経験・ノウハウを活用した高品質なサービスを提供します。

図1

デジタル化したものづくりを3DEXPERIENCEで加速する

現代のものづくりにおいて、CADやCAEは当たり前の存在になりました。ものづくりのデジタル化は、作業の効率化や製品の高付加価値化といった恩恵をもたらしましたが、実際の製造現場においては新たな悩みも生じています。3DEXPERIENCEはこのような課題を解決し、ものづくりを加速します。

設計や解析データは自動的に管理される

形状・解析条件・解析結果の各ファイルをまとめて管理

過去に作成した形状データや解析条件のファイルが見つからなかったり、入力ファイルと出力ファイルの対応がわからなくなったりした経験はありませんか?3DEXPERIENCEはデータベースを活用してファイルが自動的に保存・管理されるだけでなく、関連するモデル・解析シナリオ・解析結果をひもづけて管理でき、ファイルが散乱することがなくなります。

図2

あらゆるデータを検索可能に

多数の似たような名前のファイルから、苦労して設計ファイルや解析ファイルを探し出していませんか?3DEXPERIENCEでは、各ファイルにタグが付与され、簡単に検索できます。

図3

アクセスを管理してミスを低減

形状や解析データには「作業中」や「作業完了」といった状態が付与され、想定していない編集を防止することができます。また、各作業者はワークスペースの中で作業するため、無関係なデータは編集することができず、意図しないミスを低減できます。

設計者と解析専任者がシームレスに作業できる

形状作成後すぐに解析へ

設計に使用するソフトと解析に使用するソフトが異なるため、CADデータを変換してから解析に移行していませんか?3DEXPERIENCEでは、設計者が作成した形状を用いてすぐにFEM解析に移行できます。

設計者と解析専任者の枠を取り払う

設計者と解析専任者が別の部署なので、データの受け渡しや作業依頼に手間がかかっていませんか?3DEXPERIENCEではデータをすべてサーバーで管理するため、物理的な「データの受け渡し」はなくなります。また、シミュレーションに不慣れな設計者でも手軽に解析を行ったり、解析専任者でも形状を変更したりできるため、各個人の業務の幅が広がり、設計と解析を融合した革新的なモノづくりに挑戦することができます。

図4

決裁権限者と「現場」との情報共有を効率化できる

プロジェクトの進捗状況や解析結果をウェブブラウザから確認することができ、打ち合わせで関係者全員がそろった状態で詳しい情報共有を行ったり、自席にいながら「生データ」を閲覧したりすることができます。

図5


  • *ダッソー・システムズは、3Dエクスペリエンス企業として、企業や個人にバーチャル・ユニバースを提供することで、持続可能なイノベーションを提唱します。世界をリードする同社のソリューション群は製品設計、生産、保守に変革をもたらしています。ダッソー・システムズのコラボレーティブ・ソリューションはソーシャル・イノベーションを促進し、現実世界をよりよいものとするため、バーチャル世界の可能性を押し広げます。ダッソー・システムズ・グループは140カ国以上、あらゆる規模、業種の19万社以上のお客さまに価値を提供しています。より詳細な情報は、www.3ds.com(英語)、www.3ds.com/ja(日本語)をご参照ください。
  • *CATIA、SOLIDWORKS、SIMULIA、DELMIA、ENOVIA、GEOVIA、EXALEAD、NETVIBES、3DSWYM、3D VIAおよび3DEXPERIENCEはアメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズまたはその子会社の登録商標です。
ページの先頭へ