ページの先頭です

確率論的安全評価(PSA)/確率論的リスク評価(PRA)に関するソリューション PSAとは

確率論的安全評価(PSA)/確率論的リスク評価(PRA)は、原子力プラント等の大規模な工学施設の安全性やリスクを評価するための手法です。みずほリサーチ&テクノロジーズでは長年、原子力プラントのPSA/PRA関連業務に携わっています。

概要

近年、原子力プラントや宇宙ステーション等の大規模な工学施設の安全性やリスクを総合的に評価することが可能な確率論的安全評価(PSA:Probabilistic Safety Assessment)の技術が進歩し、実用化されています。PSAは、確率論的リスク評価(PRA:Probabilistic Risk Assessment)とも呼ばれています。

PSA/PRAは、大規模な工学施設の安全性/リスク評価のみならず、プラント設備の脆弱点の抽出や稼働率向上策の検討、ITシステムの信頼性評価等にも応用が可能です。

○ PSA/PRAの活用分野

  • 大規模工学施設の安全性/リスク評価

○ PSA/PRAの応用分野

  • プラントの脆弱点の抽出や稼働率向上策の検討
  • ITシステムの信頼性評価

関連情報

おすすめソリューション

原子力発電プラントの安全評価においては、炉心の冷却性を確認するための冷却水の相変化を伴う熱流動解析が重要であり、みずほリサーチ&テクノロジーズでは長年、熱流動解析やシミュレーターの開発に携わっています。

独立行政法人 日本原子力研究開発機構殿にて開発された「PASCALシリーズ」を用いて、配管・圧力容器等の静的機器の余寿命(破壊確率)を定量的に評価するための各種ソリューションをご提供します。

ページの先頭へ