ページの先頭です

遺伝子ネットワーク解析サービス

遺伝子制御ネットワーク・代謝ネットワークなどのネットワークの特徴に関する解析、および、網羅的測定技術による膨大なバイオ関連データからの情報抽出を行うサービスです。

遺伝子発現相関パターン構成・データマイニング

マイクロアレイによって得られる遺伝子発現変化を解析することにより、遺伝子間の相関パターンを構成し、創薬ターゲットのスクリーニングや病理の解明に有用な情報を提供いたします。転写因子や遺伝子領域の上流の応答配列など、物理情報や機能情報を組込んだモデルの推論を行います。

またマイクロアレイデータに限らず、様々な測定データ間の関連・因果関係をパターン判別アルゴリズムによって推定します。解析対象のデータや抽出する情報に応じて、SVM、ベイジアンネットワーク、ニューラルネットワークなど様々な学習アルゴリズムを利用します。

ダイナミカル・シミュレーションとパラメータ・フィッティング

既知の動態パラメータや、血中代謝物などの測定データへの関数形フィットにより定めたパラメータを用い、mRNAやタンパク質、基質やセカンド・メッセンジャーなど、生化学ネットワーク構成要素の量的変化を記述するダイナミカル・モデルを作成します。作成したモデルにより仮想的なノックアウト実験などネットワーク・システム挙動の解析が可能です。

ダイナミカル・シミュレーションとパラメータ・フィッティング

CellDesigner(システム・バイオロジー研究機構と弊社の共同開発)による、Drosophilaの概日リズムのモデル化と仮想ノックアウトによる発現量変化の解析

代謝パスウェイ解析・代謝流束均衡解析

代謝物のパスウェイに対して化学反応の量論的関係を適用し、代謝回路の挙動範囲(代謝量の制限)と経路の特徴を分析します。代謝経路遮断時の代謝回路の変更(代替経路の発生)と、最終生成物の量に関する影響を定量的に予測できます。

実績

CellDesigner開発(システム・バイオロジー研究機構との共同開発)、食品企業での代謝ネットワーク解析業務

関連情報

おすすめソリューション

大規模化が進んでいるSNPsを用いた疾患や薬効・副作用等との連鎖不平衡を利用した関連解析では、情報量の多さか構造化解析などを含めた情報解析が必要になっています。こうした一連の情報解析を提供します。

ドッキング解析ツール、フラグメント分子軌道(FMO)法計算ツール、量子化学計算用可視ツールを使用し、受託解析・カスタマイズサービスを行います。

量子化学計算のソフトウェアを適切に使用するには高度なノウハウが必要で、なかなか得たい情報にたどり着くことができないのが現状です。当社は豊富なノウハウを基に、量子化学計算サービスを提供します。

ページの先頭へ