ページの先頭です

ゲノムワイド関連解析・PGx解析 概要

大規模化が進んでいるSNPsを用いた疾患や薬効・副作用等との連鎖不平衡を利用した関連解析では、情報量の多さか構造化解析などを含めた情報解析が必要になっています。こうした一連の情報解析を提供します。

ゲノム情報を実際に利用するためには様々な表現型(疾患や形質など)がゲノムのどの位置と関係しているのかを調べる必要があります。 連鎖不平衡を利用したゲノムワイド関連解析には様々な応用があり、近年特にPharmacogenomics(PGx)への応用が活発になっています。

(遺伝)統計学を用いた表現型とゲノムとの関係の推定

(遺伝)統計学を用いた表現型とゲノムとの関係の推定

遺伝マーカーによる統計解析

連鎖不平衡を利用してゲノム上の多型のある部位と表現型との相関を調べます。

遺伝マーカーによる統計解析

ゲノムワイド関連解析のデータの流れ

【実績】集団の構造化解析(国立がんセンター研究所)

【実績】集団の構造化解析(国立がんセンター研究所)

関連情報

おすすめソリューション

ドッキング解析ツール、フラグメント分子軌道(FMO)法計算ツール、量子化学計算用可視ツールを使用し、受託解析・カスタマイズサービスを行います。

ページの先頭へ