ページの先頭です

独自の機械学習手法「カップリング学習®」を利用した技術開発・コンサルティング 開発事例

【事例1】画像超解像

当社独自のカップリング学習を用いて、低解像度画像から高解像画像を推定する手法を開発しました。

図1


左右スクロールで表全体を閲覧できます

キーワード AI(人工知能), 機械学習, カップリング学習,単画像超解像,SD映像,HD映像,4Kテレビ, 8Kテレビ,OCR,監視カメラ,人物認識,顔認識,医療用画像,高画質化,高音質化

【事例2】顔画像の欠落部分の推定

当社独自のカップリング学習を用いて顔画像の欠落部分を推定する手法を開発しました。当手法の応用例として、マスクやサングラスなどにより顔の一部が隠れている人の素顔を推定することなどが考えられます。

図2

左右スクロールで表全体を閲覧できます

キーワード AI(人工知能), 機械学習, カップリング学習, 監視カメラ, 顔認識, 画像補間, 顔形状推定

【事例3】自動コンツーリング

CTやMRI画像において、特定の臓器を認識し輪郭を囲む(コンツーリング)作業を自動化した例です。

図3

同一画像内に類似した領域が複数存在する場合においても、当社独自のカップリング学習を適用することで、目的のターゲット領域のみを抽出することが可能となります。また、カップリング学習では、周囲のテクスチャの関係性を学習するため、ターゲット領域の境界が不明瞭な場合においても、高い精度でターゲット領域を抽出することが可能となります。

※実際には患者を撮影したCT、MRI画像で学習・予測していますが、上記の例はMRI画像をモデル化した疑似データによる学習・予測した結果です。


左右スクロールで表全体を閲覧できます

キーワード AI(人工知能), 機械学習, カップリング学習,医用画像, CT画像, MRI画像, セグメンテーション, コンツーリング

  • *「カップリング学習」は、みずほ情報総研株式会社の登録商標です。
ページの先頭へ