ページの先頭です

新たに開発したスポーツの普及・促進への取り組み

「超福祉スポーツ共創プロジェクト・プラス」開催のお知らせ

2018年11月2日
みずほ情報総研株式会社

みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西澤 順一)は、今年度、スポーツ庁の事業「スポーツ人口拡大に向けた官民連携プロジェクト・新たなアプローチ開発」に採択され、その一環として、「超福祉スポーツ共創プロジェクト・プラス」(主催:一般社団法人超人スポーツ協会)を開催いたします*1

みずほ情報総研は、2017年にスポーツ庁事業*2において、スポーツ実施人口の拡大を目指し、個人の行動変容を促す「新たなスポーツの開発」に取り組んできました。昨年度は、「ALL for SPORTS(どんなことでもスポーツに!)」「SPORTS for ALL(すべての人にスポーツを!)」というコンセプトに基づき、スポーツ以外の分野とスポーツとの融合を含めた形での新たなスポーツ開発に取り組み、どなたでも参加できるアイデアコンテスト・ハッカソンや体験会を開催しました。

今回開催する「超福祉スポーツ共創プロジェクト・プラス」では、これまでに超人スポーツ協会が中心となって開発してきた「超人スポーツ」の競技・機器のことを知り、体験できる展示会・体験会を行います。また、「より多くの人に、新たに開発したスポーツの実施機会を届けるためには、どのようなステークホルダー(民間企業、自治体等)と、どのような連携ができるのか」について、民間企業や自治体、大学等と一緒に検討・実践する共創型ワークショップも実施いたします。

超福祉スポーツ共創プロジェクト・プラス

図1

左右スクロールで表全体を閲覧できます

開催概要(参加費無料)
  日程 場所 内容
展示会 11月7日水曜日~
11月13日火曜日
11時~20時
渋谷ヒカリエ8/
渋谷区渋谷2-21-1
「超人スポーツ」をテーマに、地域、教育、産業、表現などとの連携例(パネル)と器具の展示
※入退場自由、事前登録不要
体験会 11月10日土曜日
13時~17時
渋谷駅13番出口前
地下広場
超人スポーツ競技の体験、新たなスポーツの紹介
※入退場自由、事前登録不要
ワーク
ショップ
11月19日月曜日
14時~18時
FabCafe MTRL
渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア2F
新たなスポーツの社会実装に向けた「事業連携」を模索するワークショップ。企業、自治体等からの参加者と、社会実装のあり方(連携案およびその可能性)を共創します。
[対象]
新たに開発したスポーツを事業・ビジネスへ取り入れることを検討してみたい方、地域づくりに活用してみたい方など
※事前申し込みが必要です

  1. *1超人スポーツ協会、プレイヤーズ、NPO法人ピープルデザイン研究所、FabCafe MTRL、みずほ情報総研、みずほ銀行、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)が連携して開催。展示会・体験会は、「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」(通称:超福祉展)内にて開催。
  2. *2「スポーツ人口拡大に向けた官民連携プロジェクト・新たなスポーツの開発」の実施について

ワークショップへの参加申し込み

以下のサイトからお申し込みください。
超人スポーツ協会サイト http://superhuman-sports.org/news/20181021120051
または、申込みフォーム https://goo.gl/forms/oELyRnwj9jodUIQO2

昨年度の様子(アイデアコンテスト・ハッカソン、展示会・体験会)

写真

写真提供:超人スポーツ協会

ニュースレターに関するお問い合わせ

みずほ情報総研株式会社
広報室 佐藤 綾子
電話:03-5281-7548
E-mail:info@mizuho-ir.co.jp

イベントに関するお問い合わせ

一般社団法人超人スポーツ協会
事務局 安藤
電話:080-5040-1101

広報室03-5281-7548

ページの先頭へ